建設業のお客様のサポートならお任せください

MENU

3.各企業による取り組みと「魅力ある会社」

3.各企業による取り組みと「魅力ある会社」

現在、建設業の人材確保・育成に向け政府が積極的に取り組んでいるが、もちろん各企業も独自に人材確保に向けて早急に取り組まなければなりません。

建設業界を問わず、日本全体として人手不足は進んでおり、今後も少子高齢化が進む中で、人材採用時に業界としての魅力度を上げ、同業他社との競争に勝つことが求められております。

若手人材から選ばれる「魅力ある会社」になることが不可欠。

「魅力ある会社」とは

若手人材から選ばれる「魅力ある会社」になるには、若手人材の傾向を踏まえ、若手人材が望む職場作りに取り組むことで、早期離職を防止する必要があります。

「魅力ある会社」の必須条件とは?
①【働きがいのある】職場つくり。

②【社風が良い(コミュニケーションがよい)】職場つくり。

若手人材から選ばれる魅力ある会社になるために。
いまどき社員(若手人材)の特徴とは!

あなたが起業選択をする場合はどのような企業が良いと思いますか?
■自分のやりたい仕事(職種)ができる会社 ・・38.1%
■安定している会社 ・・・・・30.7%
■社風が良い会社 ・・・・・16.5%
■働きがいのある会社 ・・・・・15.1%
■給料の良い会社 ・・・・・15.1%
■勤務制度、住宅など福利厚生の良い会社 14.3
【マイナビ2018年卒就職意識調査より】
あなたが行きたくない会社があるとしたら、どのような会社ですか?
■暗い雰囲気のある会社 ・・・・・33.9%
■ノルマのきつそうな会社・・・・・30.8%
■休日・休暇のとれない(少ない)会社 ・・25.7%
■仕事の内容が面白くない会社 ・・・・・21.6%
■転勤の多い会社 ・・・・・18.1%
■勤務制度、住宅など福利厚生の良い会社 14.3
【マイナビ2018年卒就職意識調査より】

これらを踏まえ「魅力ある会社」となるには、
「魅力ある会社」になるための労務管理3つのステップを実践することが不可欠。

 

お気軽にお問い合わせください。03-5944-9212受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問合せはこちら お気軽にお問い合わせ下さい。
PAGETOP